コラーゲンはどんな成分?

コラーゲンは、ビタミンやミネラルと比べると、なかなか摂取が難しい成分です。お肌のためとは言え、普段の食事だけでコラーゲンは補いきれないため、サプリメントに頼る場合も多いでしょう。

肌に良いという噂だけでコラーゲンを得ている方は、改めてどういうものか知っていただきたい。
コラーゲンは、私たちの体内に存在している成分の1つで、アミノ酸から成るタンパク質の1種です。コラーゲンというと肌を構成する物質というイメージが強いですが、実際には血液や骨など、より内部の構築にも役立っているのです。

コラーゲンは、アミノ酸から作られるので、摂取はコラーゲンそのものでなく、アミノ酸として食事で摂るのもありですね。しかしもともとコラーゲンが体内にあるとはいっても、補給しなければ減って行ってしまいます。理由は様々ですが、仮に健康な方でも年齢を重ねるだけで若い頃より少なくなるため、肌の状態に関係なくコラーゲンの摂取が必要になります。コラーゲンは主に肌の弾力を気にする方に向いており、サプリメントに限らず美容ドリンクや化粧品にも配合。ただ体内のコラーゲンを作る意味では、外側から与える化粧品よりも、内部に与える飲食品で摂るようにしましょう。

何故かと言うと外側からの塗布では、基本的にコラーゲンが存在する真皮層と呼ばれる場所まで浸透しないからです。スキンケアによるコラーゲンは、肌の角質層より外側で、紫外線などから肌を守るバリア機能などとして役立っています。

既にコラーゲンサプリメント、あるいはコラーゲン入りの美容アイテムを利用したことがある方は、分子のサイズについて聞いたことはあるでしょうか?コラーゲンというのは物質の中でもサイズが大きい部類に入ります。

 

吸収しやすい低分子コラーゲン

実は肌の奥まで届かないのも分子の大きさゆえなのですが、一方で低分子コラーゲンというものも存在。低分子の名の通り、サイズが小さくなっているのが特徴で、スキンケアとしてなら角質層の内部まで到達することもできます。低分子のコラーゲンを選ぶことによって吸収や消化がよくなるメリットが受けられます。せっかくたくさんのコラーゲンを得ても、体が吸収できない、あるいはできても時間がかかってしまうのは困りますよね。

 

質の良さが魅力の高分子コラーゲン

しかし反対に、高分子コラーゲンはアミノ酸に分解されることなくコラーゲンのままで吸収されるため、コラーゲンとしての効果をキープしやすいメリットがあります。そもそもコラーゲンは、ほかの動植物から体内に取り入れて得たもの。ゆえにサプリメントでコラーゲンを得る際は消化の段階でアミノ酸に分解され、肌などで使われる際に再構築されます。

低分子コラーゲンは吸収スピードが早いけれど、再構築の際により良いコラーゲンの形を取れないこともあるそうです。高分子コラーゲンは吸収こそゆっくりになってしまうけれど、その分コラーゲンとしての形を損ねないので、肌への影響も良くなるというわけ。イメージとしてはできるだけ早く肌ケアしたいと思うなら低分子コラーゲン、遅くなってもいいからしっかり対処したいと思うなら高分子コラーゲンでしょう。もちろんベストは両方揃っていることなのは言うまでもありません。

 

コラーゲンサプリメントと言っても様々

上のように、サプリメントに含まれているコラーゲンは分子量で差が生じます。商品を購入する前に、自分はコラーゲンに対してどのような成果を期待するかを考えておきましょう。加えてコラーゲンサプリメントは、必ずしもコラーゲンのみが含まれている商品とは限りません。商品の成分の中には、コラーゲンの他にも肌ケアの補助になる成分や、体の健康サポートを行うような成分が入っていることもあります。もしサプリメントで悩んだら、コラーゲン以外の成分を比べて、自分により不足している商品を選ぶのも1つの手です。