酵素の効果・効能とは?

酵素とは

酵素は、消化・吸収・代謝・排泄に関わる物質です。これなしでは生活に必要な活動を維持できないので、ヒトを含む生物の生命活動に欠かせない物質といわれます。現在までに、ヒトの身体の中で3000種類以上の酵素が発見されていて、すべてはタンパク質で構成されています。つまり、酵素は謎めいた物質ではなく、生体内で合成されるたんぱく質の一種なのです。酵素は、私たちの身体の中にある潜在酵素と、食品などに含まれる食物酵素に分かれていて、潜在酵素の量には個人差があります。

潜在酵素はストレスで減る

また、潜在酵素の量は加齢やストレスなどの影響で減少するとされています。その量が不足すると不調を招く恐れもあります。一生の間に使える潜在酵素の量については様々な説があります。まだまだ、研究途上の分野なので、意見が分かれている点が多々あるのです。

消化酵素と代謝酵素

私たちの身体に存在する酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれます。

消化酵素とは

消化酵素は、食品の消化・分解・吸収にかかわる酵素で、口や胃、腸などから分泌される唾液・膵液などの消化液に存在します。消化酵素の代表として挙げられるのが、唾液に含まれ、炭水化物の消化と吸収に関わるアミラーゼ・脂肪の消化と吸収に関わるリパーゼ、胃液に含まれ、タンパク質の消化と吸収に関わるプロテアーゼなどです。これらの働きにより、食品を消化・分解・吸収することができます。

代謝酵素とは

消化酵素以外の酵素を代謝酵素といいます。代謝酵素は、消化酵素の働きにより取り込まれた栄養をもとに呼吸や運動、遺伝子の合成などに関わります。私たちの身体を構成する細胞には様々な代謝酵素が存在していて、生命維持に欠かせない物質といえます。

食物酵素って?

酵素は、ヒトだけでなくその他の生物にも存在し、食品に含まれる酵素を食物酵素といいます。酵素はタンパク質の一種なので、食物酵素は過熱で壊れます。ほとんどの食品が過熱を必要とするので、食品から活性酵素ととることは予想以上に難しいとされています。また、食物酵素は胃で活性を失うとされています。食物から摂ったとしても、それがそのまま体内の酵素になることはありません。

酵素の効果・効能は?

腸内には、ヒトに好ましい働きをする善玉菌と、好ましくない働きをする悪玉菌が生息しています。善玉菌と悪玉菌は勢力争いを繰り広げていて、細菌の量は常に一定なので、どちらかが増えるとどちらかが減ります。食生活の乱れやストレス等、現代人に多い生活習慣は悪玉菌の増加を後押ししてしまうといわれています。また、酵素が不足することでも悪玉菌は増えるといわれています。悪玉菌が増えると腸内環境は悪化、そうなると便秘など様々な困った症状が現れます。腸内環境が整えば、便秘をはじめとした困った症状も緩和していくのです。

腸内環境を整える効果は美肌につながるといわれています。便秘が解消することで栄養を吸収しやすくなり、新陳代謝が高まりターンオーバーが正常化するからです。酵素は、女性にとってうれしい成分といえるかもしれません。酵素にはデトックス効果も期待できるとされています。代謝酵素が毒素を汗や尿として排泄するのを助けてくれると考えられているからです。もちろん、整腸作用により老廃物を助ける働きも期待できます。

酵素の効果効能について見てきました。 ヒトの日常的な消化・吸収・代謝・排泄など、生活に必要な活動には酵素は欠かせません。そして、美肌やダイエットには大きな影響のある物質なのです。しかし、酵素は食物から摂取する事が難しいとされているので、サプリを活用し、積極的に酵素を体内に取り入れましょう!