食物繊維とは

野菜や果物、きのこ、海藻に含まれていてヒトの消化酵素では消化できない成分を食物繊維と言います。この食物繊維、実は以前まで「栄養にならない」として、5大栄養素から外されていました。しかし、近年では生活習慣病を予防する働きが注目され「第6の栄養素」として脚光を浴びています。

食物繊維の働きは?

水分を吸収して膨れ、更に消化されないため満腹感を得られます。便の量も増やし便秘の予防・改善の効果も。それと、体内への糖の取り込みも緩やかになり、血糖値の急激な上昇を抑えること。そして、腸内にある善玉菌のエサになることで腸の環境を改善、腸内環境を整えるのです。

食物繊維は2種類ある

食物繊維は、水に溶けない「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」に分類され、それぞれ違う働きをしています。

不溶性食物繊維

豆類・ナッツ類や、カボチャ、にんにくの芽、ブロッコリーの茎など繊維の多い野菜に含まれ、便秘の予防・改善をしたり、満腹感を得られます。

水溶性食物繊維

大麦・ごぼう、果物や海藻などに多く含まれ、血糖値の急激な上昇を抑え、腸内環境を整える効果があります。

カラダへの機能性が高く、満腹感を与えてくれるだけでなく、便秘の改善や予防、糖の吸収をゆっくりさせてくれるなどダイエットに嬉しいことばかりの食物繊維!食物繊維を意識して普段の食事に取り入れるようにしましょう。また、早食い傾向にある人は肥満率が高く、食物繊維の摂取量が少ないという関係が有りますので、ぜひ意識して摂るようにしましょう。

また、忙しい生活の中で取り入れるのが難しい方は、サプリメントを使うと手軽に素早く摂取出来ます。活用して、食物繊維を上手に取り入れて、健康的なダイエットを!